コーヒーカップの持ち手の向き

コーヒーカップをお客さんに出す際に、持ち手を右に向けるのか左に向けるのか悩むという人も多くいます。



実際、何か決まりごとがあるのかという部分に関してはコーヒーカップの形状などによって違いがあるので、知っておくと良いです。まず、コーヒーカップの形状という部分では大きなカップなのか小さなカップなのかということですが、大きなカップの場合は、一度にたくさんの量を飲むことが想定され、右利きも多くそのまますぐに持ち上げることができるという合理的なカップなのでアメリカンスタイルと呼ばれています。



逆に小さなカップの場合は、繊細な見た目とカップから立ち上るコーヒーの香りを楽しみながら飲むことを理想としているのでヨーロピアンスタイルと呼ばれています。
アメリカンスタイルであれば持ち手は右側にあり、ヨーロピアンスタイルであれば持ち手は左側にあります。
そのため、絵柄やロゴを見るとどのスタイルのカップなのかを見極めることが可能です。ただ、最近では大きいわけでも小さいわけでもないカップもたくさんの販売されているので、どちらに持ち手を向けるべきか迷うようであれば、カップの絵柄やロゴがお客さん側に向くようにしてください。基本的にコーヒーを淹れた時にどのような形状のカップなのかをきちんと見ておくといざ出すという時に困りません。



また、そもそも購入する時に持ち手はどちらになるのかという部分に意識を向けてから購入しても良いです。


コーヒーの特徴紹介

コーヒーを楽しむのに大切なアイテムはコーヒーカップです。どんなにおいしいコーヒーが飲めると評判の喫茶店でも、がっかりするようなカップで出されたら気分は台無しです。...

more

身になる知識

コーヒーカップと言っても、様々な素材で作られているので多種多様な種類があります。カフェで人気が高いタイプは磁器製のコーヒーカップです。...

more

知っておきたい情報

コーヒーカップは気軽に購入したものの、かさばってしまって収納に困っている人は案外多くいます。せっかくおしゃれなコーヒーカップを購入したのであれば、おしゃれに飾りたいと思うのは当然です。...

more

コーヒーの常識

コーヒーを飲む時間というのは忙しい時を忘れさせてくれるようなリラックス効果があります。そのため、飲むコーヒーによってコーヒーカップを使い分けるとより美味しく飲めます。...

more